読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性のキレイを応援します

誰でも簡単にできる美容・ダイエット!をテーマにご紹介していきます。

豆乳ダイエットのベストタイミング2つ!更に効果的な方法とは?!

ダイエットの方法はたくさんありますが、運動もストレスもなくダイエットしたいというのが女性の本音ではないでしょうか?

きつい運動は続かないし、食事制限もストレスになります。

それならば豆乳ダイエットはいかがですか?

豆乳にはたくさんの栄養が含まれていることが知られていますが、

飲むタイミングを上手に利用することでダイエット効果があるんですよ。

豆乳のダイエット効果

f:id:sakuranbo2milku:20170315110257j:plain

そもそも豆乳は大豆をつぶしてできています。

大豆にはイソフラボンや大豆サポニンなどの体にいい成分が含まれています。

サポニンは脂肪の吸収を遅らせたり、脂肪の燃焼を助ける働きがあり、ダイエットの強い味方です。
またイソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれるので、
更年期障害や生理のトラブルを解決するために働きかけてくれます。

またカリウムも豊富なので手足がむくむという場合にも効果があります。

しかしいくら体にいいからと取りすぎて逆にトラブルになる例もあります。

食事の時に他の大豆食品を食べることを考えると豆乳でとりすぎるのはよくありません。
豆乳を1日に飲む量は200mlを目安にしましょう。

これはコップ1杯くらいの量なので、1日1回コップ1杯と覚えるととりすぎを予防できますね。

 

豆乳ダイエットのやり方

 

f:id:sakuranbo2milku:20170315110027j:plain

まずは豆乳を選びましょう。

今はたくさんの種類が並んでいますが、中には糖分が多く含まれる商品もあります。

ダイエットに向いているのは「成分無調整」の豆乳です。

豆腐を作れると書いてあるものなら間違いないでしょう。

豆乳ダイエットのやり方はとても簡単ですが、飲むタイミングがとても大切です。

それは食事の前に飲むこと。

食事の前に飲むことで満腹感を得られ、食べすぎを防ぐことができます。

また大豆サポニンの働きで、食べ物の脂質を吸収しにくくしてくれるので、例えば
揚げ物などを食べたい時にも安心ですよね。
食事の前なら一緒に飲んでもいいの?と思ってしまいますが、それは違います。

食事前30~10分前に飲むとさらに効果的なことがわかっています。

通常飲み物は15分ほどで腸に届きます。
食事の前に腸に届いた大豆サポニンが、あとから入ってきた脂質を吸収しにくくしてくれるので、この時間に飲むことが大切になります。

食事の際にもいきなり脂質を食べるのではなく、お野菜を食べてからにすると豆乳との相乗効果が得られますね。

 

さらに効果的なタイミング

 

f:id:sakuranbo2milku:20170315111024j:plain

豆乳ダイエットの効果を最も上げるタイミングは生理の前です。

生理前の一週間に豆乳を飲み続けると、そのダイエット効果は最大限に発揮されるのです。

やり方は簡単。

生理の7日前から豆乳を飲みはじめ、生理開始とともにやめる。
これだけです。本当に簡単ですよね?!

基本的に普段は飲まずに生理前だけ飲むのがこの豆乳ダイエットです。

なぜこの方法が効果的なのでしょうか?

それは大豆イソフラボンのおかげです。
大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをすることは先に述べましたが、
生理前には別の女性ホルモンであるプロゲステロンが働きます。

このプロゲステロンは妊娠に備えて水分や脂肪などの栄養分を体にため込む性質があります。生理前にむくんだり体重が増えるというのもこの性質によるものです。

この時エストロゲンが働きかけることでため込む性質を軽くしてくれます。

そして生理後には使わなかった栄養分を代謝してエネルギーに替えていきます。

生理中にため込まないでいると、その前から蓄積された脂肪を代謝することができるようになります。

つまりダイエットに効果があるというわけなのです。

このタイミングを知るためには自分の生理周期を知っておくことが必要になります。

カレンダーや手帳などに生理の始まった日と終わった日を記録しておいて、ダイエットに役立てましょう。

 

まとめ


最近では種類の増えた豆乳。売場ではたくさんの種類が並んでいます。

これが女性の味方だなんてうれしいですよね。

女性の生理周期を利用した豆乳ダイエットは無理な食事制限もなく、運動もないので取り入れやすいのではないでしょうか。

これなら生理の日も待ち遠しくなりますね。