読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性のキレイを応援します

誰でも簡単にできる美容・ダイエット!をテーマにご紹介していきます。

オレンジジュースが日焼けと関係ある?他にも気を付けるべき食べ物が・・・

色白肌は女性の憧れですよね!

肌が白くてきれいだと新作の洋服も映えるような気がしませんか?

毎日美白を目指してお手入れをがんばる女性にはぜひ気をつけてほしいこと、それは日焼けです。

特に日差しの強い季節にはもちろん対策をしていると思いますが、もうひとつ注意してほしいのは朝に飲むジュースのこと。

なんとオレンジジュースを朝に飲むと日焼けしてしまうというウワサがあるんです!

 

オレンジジュースで日焼け?

 

f:id:sakuranbo2milku:20170402165807j:plain

毎日お手入れしていてもオレンジジュースで台無しになってしまうとしたら悲しいですよね。

この噂は本当なのでしょうか?

ウワサの正体はオレンジに含まれる「ソラレン」という成分にあるようです。

ソラレンは果物や野菜に含まれる成分なのですが、紫外線をとても吸収しやすい性質があるものなんです。

体に入ったソラレンが紫外線を感じると働きが活発になり、普段よりも紫外線を吸収してしまいます。

紫外線を感じた皮膚は自分自身を守るためにメラニン色素を作りだします。

メラニン色素は肌の色を濃くしますから日焼けをしてしまうということなのです。

某テレビ番組で実験をしたところ、ソラレンを多く含む果物のジュースを飲んでから紫外線を浴びたグループは、飲まないグループよりも日焼けをしたという結果が出ました。

はっきりとソラレンの効果が実証されましたね。

 

どうして朝はダメなの?

 

f:id:sakuranbo2milku:20170402172711j:plain

ではなぜ朝がダメなのでしょうか?

ソラレンは紫外線を浴びると活発に働きます。

その効果は体に入って2時間ほどで現われますので、朝オレンジジュースを飲んで外に出るとソラレンが体中をめぐり紫外線を吸収し続けます。

室内にいるとしてもガラスを通して紫外線が降り注ぎますから油断はできません。

車を運転していて左側だけ日焼けしたという経験のある方はたくさんいますよね。

日中はどこにいても紫外線を浴びる可能性があるので朝に飲むことは避けなくてはいけません。

2時間で効果が出るということはお昼はどうなの?って思いますよね。

確かにお昼12時に飲んだとしたら午後2時ごろから効果が出てきますので、お昼に飲むのも避けたほうが安心ですね。

夏場は夕方でも紫外線が強いので油断はできませんね。

 

さらに怖いのは…

 

ソラレンの効果は体に入った時だけではありません。

怖いのは肌に直接ついたときです。

ソラレンが肌につくと2日間も効果が続きます。

つまり飲んだときよりも紫外線に対して活発に反応する状態が長く続くのです。

昔はよくテレビなどでもレモンやキュウリを直接顔にのせてパックをしている場面を見ましたが、実は逆効果になることが考えられます。

直接ついた部分だけが紫外線に過剰反応してしまって、まだら状に日焼けしてしまう可能性もありますので注意が必要ですね。

 

ソラレンを多く含む果物、野菜


レモン・グレープフルーツ・イチジク・キウイ

などはソラレンを多く含みます。
朝と昼に食べるのは注意したいですね。
果物以外にもソラレンを多く含む食べ物はあります。

 

・キュウリ・パセリ・セロリ・三つ葉・シソ

ソラレンを10㎎以上体に取り入れると肌に影響があるといわれます。
レモンやキュウリなどでスムージーを作った場合、大体2杯くらいで10㎎のソラレンを摂ることになります。

朝食にスムージーを飲んでいるという女性も多いと思いますが、色白をキープしたいならこういった果物や野菜は入れないほうがいいですね。


ソラレンを含まない果物、野菜

・リンゴ・スイカ・バナナ・イチゴ・ブドウ

・大根・ごぼう・カブ・かぼちゃ・レタス・キャベツ・トマト

 

毎朝スムージーを飲む方におすすめなのはこれらの果物や野菜です。

ソラレンの量が少ないので日焼けをする心配はありません。

 

日焼けをしたくない時におすすめ


ソラレンを多く含むといってもオレンジやレモンにはビタミンCがたくさんありますので食べないわけにはいきませんよね?

ビタミンCは日焼けをした後のお肌には必要な栄養素なので積極的に摂りたいものです。

ソラレンは熱に弱いので、どうしても朝に食べたいと思ったら加熱調理して食べるという方法もあります。

パセリやセロリなどはスープに入れるなどすれば朝の食卓にのせても安心ですね。

ただし美肌にいいとされるビタミンCも熱に弱いので、加熱調理すると壊れてしまう栄養素です。

果物に含まれるビタミンCを壊さず体に取り入れるには、やはり生が一番です。

f:id:sakuranbo2milku:20170402173537j:plain

そこでおすすめの食べ方は夜に食べることです。

夜であれば紫外線を気にする必要はありませんし、食べてから7時間たてばソラレンが紫外線を吸収する効果はなくなるので安心ですね。

ヨーロッパでは昔から「朝の果物は金」という言葉があり、朝に食べる果物はエネルギー源として優れていることを示しています。

現代の日本では、ソラレンの多い果物は夜が金といえそうです。

寝ている間にビタミンCがお肌のターンオーバーに役立つので、まさに金に値する力がありますね。

ソラレンの多い果物は生のまま夜に食べてビタミンCの力を有効に取り入れることをおすすめします。

 

まとめ


オレンジジュースが日焼けの元になるなんて驚きでしたね。

いつも当たり前のように飲んでいた朝のジュースを変えなくてはいけないなあと思いました。

お手入れは肌の上からだけではなく、体の中から考える必要がありますね。