読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性のキレイを応援します

誰でも簡単にできる美容・ダイエット!をテーマにご紹介していきます。

えっ?!足りないの?知らなかった日焼け止めの塗り方と適量

紫外線の気になる季節、日焼け止めは準備しましたか?

シミ予防には欠かせないものなので毎日使っている方がほとんどですが、ただなんとなく塗っていませんか?

実は塗り方によっては日焼け止めの効果がないかもしれないんですよ。

毎日使っていたのに日焼けした!と後悔しないためにもきちんとした塗り方を覚えましょう。

 

日焼け止めの適量を知ってる?


なんとなく手に出して塗っているという方の多い日焼け止めですが、実は適量があるんです。

日焼け止めを買うとSPFPAという表示がありますよね。

それは適量を塗った時にどれだけ紫外線を防げるかということが基準になっていますので、そもそも塗る量が適量より少ない場合には紫外線を防げる保証はないのです。

ファンデーションなどをつけるときには厚塗りにならないように薄くのばすのが鉄則ですよね。

その習慣のまま日焼け止めを使っているので、知らず知らず少ない量しかつけていなかったという女性も多いんですよ。

ではその適量とはどのくらいなのでしょうか?

f:id:sakuranbo2milku:20170405174749j:plain

基準としては1㎠につき2㎎をつける必要があります。

私たちの顔ではどのくらいの量かというと、手の平に日焼け止めを出した時に500円玉と同じ大きさが必要になるということなんです。

普段はどのくらい出していましたか?

パール粒台という方がほとんどなのではないでしょうか。

手の平に500円玉を実際に置いてみるとわかると思いますが、けっこうな大きさですよね。

こんなにつけるの~?といういう声が聞こえてきそうですが、ほとんどの女性は日焼け止めを指先に出して顔につけているので、かなり少ない量になってしまうんですね。

それでは日焼け止めに期待していた効果は十分に発揮されていないということですね。

 

きちんとつけていないとどうなるの?


日焼け止めを適量つけないと効果が発揮されないことはわかりましたが、実際にはどんな影響があるのでしょうか?

紫外線を浴びて日焼けしやすくなることは想像できますよね。

他に考えられる影響としては、次のことがあります。


1、まだら焼けになる

f:id:sakuranbo2milku:20170308013010j:plain

日焼け止めの量が少ないときちんとついた場所とついていない場所が出てしまいます。

シミが気になる頬は重ねづけする方も多いので日焼けを防ぐことができても、他の部分に関しては日焼けしてしまいますね。

これを繰り返すと次第に肌の色に差が出てしまい、大きなシミができたようにまだら焼けになってしまうのです。


2、シミができやすくなる

日焼けを繰り返すとメラニン色素が定着してしまうのでシミができやすくなります。

薄い状態ならお手入れやパックで治すこともできるのですが、肌の奥深くまでダメージを受けてしまうとお手入れでは治すことが難しくなります。

肌の中では紫外線を浴びるたびにシミの予備軍が作られているので、予防することが何よりも大切ですね。


3、乾燥しやすくなる

紫外線を浴びて日焼けをした時の肌は、軽くやけどをしたような状態になります。

やけどをした後は皮がめくれてカサカサになったという経験をお持ちの方もいることでしょう。

日焼けをすると肌が水分を失い乾燥してしまいます。

乾燥は肌荒れやシミの原因にもなりますので注意が必要ですね。

日焼け止めをしたのに赤くなったり、ひりひりするという場合は適量よりも少ない量しか塗っていなかった可能性が高いですね。

 

日焼け止めの塗り方を覚えよう


肌のトラブルを防ぐためにも日焼け止めの効果的な塗り方を覚えておきましょう。

まだら焼けにならないように塗るためにはちょっとしたコツがあります。

一緒に見ていきましょう。

 

1、塗る順番

日焼け止めは洗顔の後、化粧水や乳液で肌を整えてからつけます。

朝の順番としては洗顔>化粧水>乳液>日焼け止め>化粧下地>ファンデーションという順番になりますね。

 

2、ムラなく塗るには

手の平に500円玉大の日焼け止めを出します。

反対の手の指先で顔にのせていきます。

おでこ、鼻先、右頬、左頬、あごの5点に真珠粒大ずつのせましょう。

のせた日焼け止めをまんべんなくのばしていきます。

最後に手のひら全体で顔を覆うようにしっかりと定着させます。

こうすることでムラをなくして顔全体をカバーします。

 

3、塗り直しのコツ

f:id:sakuranbo2milku:20170405173930j:plain

海や山など紫外線の強い場所で過ごすには2~3時間置きに塗り直す必要があります。

この時汗で流れたファンデーションと一緒に日焼け止めも落としてしまいます。

その後改めて日焼け止めをつけましょう。

朝につけた日焼け止めが残っていると肌の負担になりますし、ムラになることがあります。

とはいえきちんと落とすのは面倒なので、おすすめしたいのはシートタイプの化粧落としです。

保湿できる化粧落としを使うと乾燥を防ぐこともできますし、汗も拭けて一石二鳥です。

きちんと拭いたら最後にファンデーションで仕上げをしましょう。

汗でメイクが崩れた時に、直すついでに日焼け予防もしてしまいましょう。


ちなみにUV効果のあるファンデーションや下地を使う方も多いと思います。

手間が省けて便利ですよね。

その場合には500円玉大では色が濃くなってしまいます。

裏面を見ると書いてあると思いますが、こちらは1円玉大を手のひらに出して使うことをおすすめします。

やはり適量を使うことが紫外線を寄せ付けないコツということですね。

 

日焼け止めの塗り方まとめ


紫外線の強い季節はアウトドアも楽しい季節ですよね。

日差しを怖がって家にいてはもったいない!

日焼け止めを味方につけて、太陽の季節を楽しみましょう!