ダイエット 食事・おやつ

定番だけどやっぱりすごい♡朝バナナダイエットで確実に痩せるには?

投稿日:




一時期ブームとなった「朝バナナダイエット」ですが、一度は試してみたという方も多いのではないでしょうか?そんな誰もが聞いたことのある定番ダイエットの「朝バナナダイエット」ですが、なぜバナナが痩せるのか?の理由や、その正しい方法についてあまり詳しくは知らない…という方も多いかもしれませんね。今日はそんな「朝バナナダイエット」について、改めて解説していきます!

朝バナナダイエットとは?

朝バナナダイエットは「辛い運動も必要なく、食事も好きなものを食べて大丈夫」ということで人気が出ました。ダイエットのやり方は、朝食に生のバナナをよく噛んで食べるだけなのです。これだけでダイエットに効果があるとされる理由は、生のバナナに含まれる酵素・食物遷移が便秘を解消し、朝食を置き換えることで胃腸を休ませる効果があるからです。

朝食のバナナの他には、常温の水をコップ1杯一緒に飲むことがポイントです。水を飲むことで、更に満腹感を感じやすくなりますので、つらい食事制限のような空腹に耐える苦痛もありません。果物や野菜に含まれる酵素は、加熱をすると減少してしまうので、バナナも加工されたものではなく、生のバナナを食べることがコツになります。朝バナナダイエットは食事制限はゆるく、昼食や夕食に好きなものを食べることができますが、食べ過ぎてはダイエットの意味がありません。あくまでもきつい食事制限をせず、長期的に続けるダイエットである認識を持つことが大切です。

朝バナナの効果は?

*脂肪燃焼効果

バナナにはビタミンB1、B2、B6などのビタミンB群が豊富に含まれています。こうしたビタミンB群は脂肪の燃焼効果が高く、身体にたまった脂肪を落とすには効果的です。ビタミンB1は、食事で炭水化物を食べた時に体内で吸収される糖質を、エネルギーへ変える助けをします。また、ビタミンB2は糖質に加え、脂質やタンパク質をエネルギーに変える働きをします。そして、ビタミンB群の中でいちばん多く含まれているビタミンB6は、タンパク質をエネルギーに変え、筋肉や血液を作る時に働いています。このように、バナナに含まれるビタミンB群は、食べたものを効率よくエネルギーへ変えるため、身体に脂肪がたまりにくくしてくれます。そして身体の筋肉や血液を作る働きを助けるため代謝が上がり、身体にたまった脂肪が燃えやすくなるのです。

*血行促進効果

バナナに含まれるポリフェノールは、血液をサラサラにする効果があるため、全身の血流を良くして代謝を上げることができます。そのため、身体に溜まった脂肪が燃えやすくなるのです。そして、バナナに含まれるポリフェノールの量は、なんと野菜や果物の中ではトップクラス。バナナ1本でも、血流を良くする効果がかなり期待できます。さらにバナナにはビタミンEが含まれています。ビタミンEは、血液中のコレステロールが血管に付着するのを予防する効果があるため、血流を良くする効果も期待出来るのです。

*食欲を抑える効果

バナナには食物繊維が含まれていて、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類を含んでいます。特に不溶性食物繊維を多く含んでいるため、バナナを食べると満腹感を感じやすく、食欲を抑えることができます。なぜかと言うと、不溶性食物繊維が胃の中に入ると水分を吸収し、十数倍にも膨れ上がるからです。バナナ1本でも満腹感を感じやすくなるので、ダイエット中の食欲を抑えることができるのです。ダイエット中の食欲は天敵ですよね。せっかくダイエットをしていても、食欲にまかせて食べ過ぎてしまったら、ダイエットどころではなくなってしまいます。バナナを食べてしっかりと食欲をコントロールしていきましょう。

*便秘解消効果

不溶性食物繊維の効果は、食欲を抑えることだけじゃありません。不溶性食物繊維が胃に入ると膨らみますが、この膨らんだ不溶性食物繊維のおかげで便の量が増えます。すると、多くなった便を外へ排出するため、腸の働きが活発になります。その結果、腸の消費エネルギーが多くなり、代謝が上がって痩せやすくなるのです。また、腸の働きが活発になれば、便秘の解消に効果があります。ダイエット中は食事制限のため水分の摂取量が少なくなり、普段は便秘じゃない方でも便秘になる恐れがあります。便秘に悩んでいる方には、バナナを食べることをおすすめします。

*胃腸の働きを休める効果

バナナは消化がとても良い果物です。そのため、朝バナナダイエットは胃腸にも負担がとても少ないのです。夕飯に食べたものは、次の日の朝まで、胃腸内では消化吸収が行われています。常に働き続けている胃腸を休めることは、消化吸収の働きを活発にしますので、脂肪の分解を促進する効果が見込めます。また、朝食をまったく食べないことは、健康的にもよくありません。食事を抜くことにより、体が飢餓状態になり、食べたものを吸収しやすくなってしまいます。そのために、朝食を抜いた後の昼食では、脂質や糖質など肥満の原因となる成分を、過剰に体が吸収する恐れもあります。その心配をなくすためにも朝食を食べることは大切なことですが、食べる内容に気をつけることが必要です。バナナは消化しやすい食べ物で、しかも酵素が豊富なため、整った胃腸環境で、酵素の活動もとても活発になるメリットがあります。急激な食事制限をすることは、健康にも悪影響を与えます。一日3食を食べることが基本の朝バナナダイエットは、とても体にも優しいダイエット方法といえます。

*美肌効果

バナナには食物繊維やカリウム、オリゴ糖など美肌に効果的な栄養素がたくさん含まれています。食物繊維やオリゴ糖によって腸内の善玉菌が増えることで便秘を改善することができますし、カリウムは余分な水分を体外に出すことでむくみを改善したりセルライトの予防につながります。また、バランスよく含まれているビタミンB群が肌のターンオーバーを正常化、代謝を上げてくれることで肌荒れを改善してくれ、ポリフェノールは抗酸化作用があり老化を防ぎます。バナナに含まれているたくさんの栄養素が少しずつ良い働きをしてくれて美肌効果をもたらしてくれます。

 

バナナの栄養素は?

エネルギー:86kcal
たんぱく質:1.1g
脂質:0.2g
炭水化物:22.5g
カリウム:360mg
カルシウム:6mg
マグネシウム:32mg
リン:27mg
鉄:0.3mg
亜鉛:0.2mg
銅:0.09mg
マンガン:0.26g
カロテン:56μg
ビタミンB1:0.05mg
ビタミンb2:0.04mg
ナイアシン:0.7mg
ビタミンb6:0.38mg
ビタミンC:16mg
ビタミンE:0.5mg
葉酸:26μg
パントテン酸:0.44mg
食物繊維:1.1g

バナナの栄養素はこのように炭水化物、カリウム、食物繊維が多く含まれています。バナナの炭水化物は吸収が早く運動中のエネルギー源として使われやすいです。また、カリウムは余分な塩分と水分を体から出してくれるのでむくみ改善などに効果的です。ビタミンやミネラルがバランス良く含まれているので、栄養バランスを整えるための補助としてもバナナは手軽に食べられる嬉しい食品です。

 

朝バナナダイエットの方法は?

朝バナナダイエットの方法は非常にシンプルです。今まで食べていた朝ごはんをバナナに置き換えるだけです。他の昼食や夕食はいつも通りでOKです。気をつけるポイントとしては、夕食の時間が遅くなり過ぎないようにしましょう。できることなら、18時頃には食べるとよいでしょう。

また、朝食で食べる朝バナナの大きさについては、大きめ~普通サイズのバナナなら1本、ミニバナナなら2本までに抑えましょう。いくら太りにくいとはいえ、バナナも炭水化物です。一気に量を食べ過ぎてしまうと、やはり太る原因になってしまいます。

 

朝バナナダイエットの注意点は?

*栄養の偏りに注意しましょう

バナナダイエットの基本は、1日3食のうち1食を置き換えることにあります。1食だけならそれほど問題はありませんが、2食3食とバナナだけに置き換えていくと確実に栄養バランスが偏ってしまいます。また、1食だけをバナナに置き換えたとしても他の2食に栄養の偏りがあると健康にもよくないため、普段の食事は上手に栄養バランスを心がけるようにしましょう。

*炭水化物ダイエットには向かない

バナナには大量の炭水化物が含まれています。もちろん、食物繊維が多く太りづらいタイプの炭水化物ではありますが、炭水化物の摂取量を少なくする、炭水化物ダイエットとの相性は当然ながら良いとは言えません。ダイエット方法をいくつか組み合わせるというのは、よくある手法ですが、もちろんそれぞれのダイエット方法にも相性というものがあります。炭水化物ダイエットとバナナダイエットの相性は悪いため、組み合わせるのであれば、他のダイエット方法にしましょう。

 

<まとめ>

いかがでしたか?簡単なダイエットなのですが、ちょっとしたコツや正しい方法を知らないと、続かなくて効果も出ないのでもったいありません。また、なぜ朝バナナがいいのか?を知っていただくと、より効果も高まるので、一度挫折した…という方もぜひまたチャレンジしてみてくださいね!







-ダイエット, 食事・おやつ

Copyright© 女性のキレイを応援します , 2018 All Rights Reserved.