ダイエット 美容

美肌にもダイエットにも?!コーヒーの驚く美容効果とは♡

更新日:




みなさん、コーヒーは好きですか??私も毎日飲んでるコーヒーなのですが、なんと美容効果があるということが判明しているそうです!カフェでの一休みや、眠気覚しなど様々なシーンで飲む機会も多いコーヒーについて、今回はダイエット効果を重点にリサーチしてみました!

コーヒーがどうしてダイエットにいいの?

コーヒーダイエットの効果とは、脂肪燃焼を高める事が最大の目的です。多くのダイエット方法の中で、脂肪をまず無くしたいと思っている方に適しています。コーヒーダイエットはコーヒーの中に含まれている、クロロゲン酸とカフェインによって脂肪燃焼を促進させるのが目的です。クロロゲン酸には脂肪分解や脂肪吸収の阻害効果、カフェインには脂肪燃焼を促す効果があり、食事からの脂肪吸収を防ぎながら、すでにある脂肪を燃やしやすくするというダブルのダイエット効果が期待できるのがコーヒーダイエットなのです。さらに、コーヒーに含まれるカフェインには、血行を良くする働きもあるため、基礎代謝の向上、冷えや肩こりの解消、足のむくみ改善といった嬉しい効果も期待できます。

また、コーヒーのカフェインには、胃の消化液の胃酸と脂肪分解酵素であるリパーゼを分泌してくれる作用があります。食事をした後にコーヒーを飲みますと、胃では消化促進が図られ、短い時間で胃に入った食物を腸に送ってくれます。そのため、十二指腸・小腸での消化分解吸収もスムーズに行なわれ、大腸でも排泄物への転換が速く行なわれます。また、コーヒーのカフェインとポリフェノールには血流を良くする働きがあり、それによって胃腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発化して、どんどん食物を押し下げてくれますので、早めに転換された排泄物は肛門に押し出され、体外に排泄されます。蠕動運動は、胃腸において消化物を揉みほぐしながら次の消化器官に押し下げていく運動です。それとともに、大腸内の壁に付着していた宿便も一緒に押し流されます。このようにして、便秘は解消され、宿便も取れることにより、体重も下がっていきます。宿便は、便秘がちの人の場合、数キロにもなると言われており、それが取れることによってもダイエット効果は大きいと言えます。

 

効果的な飲み方は?

*砂糖入りよりブラック
まず、コーヒーはブラックで飲むことをオススメします。砂糖を入れて飲む人もいると思いますが、砂糖を入れるとどうしてもカロリーが高めになってしまいます。また、砂糖を入れることでダイエット効果を持つカフェインの働きを阻害してしまいます。ブラックで飲めない人は砂糖の代わりに牛乳にするのもひとつです。牛乳の他に、塩、シナモン、豆乳などを入れたり、最近ではバターを入れるのも良いでしょう。飲みやすくなりますし、ダイエット効果や美容効果を高めてくれます。

*アイスよりホット
そして、アイスとホットで言えば、ホットがオススメ。ホットならカラダを温めてくれるので、それだけでも代謝を高めてくれるからです。ただし気をつけて欲しいのは、お湯の温度。熱湯ですとクロロゲン酸が失われてしまいます。80度程度であればクロロゲン酸を失うことはないので、少し冷ましたお湯でコーヒーを作りましょう。

*インスタントよりドロップ
更にこだわるなら、インスタントコーヒーよりもドロップコーヒーの方がダイエット効果が高いです。これは、インスタントよりもドロップの方がクロロゲン酸が多く含まれているからです。ただし、インスタントコーヒーにもクロロゲン酸は含まれているので、自分の生活スタイルに無理のないもので飲むと良いでしょう。

*空腹時のコーヒーは避ける
ダイエット時以外も同様ですが、空腹時にコーヒーはできるだけ飲まないように気をつけましょう。コーヒーは様々な効果が素晴らしい反面内臓への刺激も強く、空腹時には胃を痛めてしまいます。そのまま飲み続けてしまうとコーヒーが胃潰瘍の原因になることもあります。健康的にコーヒーを飲むためにも必ず胃に何かを入れてから、コーヒーを飲むように注意しましょう。

*ココナッツオイルをコーヒーにプラスする
実はココナッツオイルを入れることでコーヒーのダイエット効果を促進する働きがあります。ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が含まれており、この中鎖脂肪酸には、脂肪を分解して燃やしやすくする効果があります。最近話題のケトン体ダイエットは、糖質を抑えココナッツオイルを積極的にとることで、脂肪を燃やしやすい身体に切り替えていくというダイエットです。つまり、ココナッツオイルをコーヒーに加えると、二つの相乗効果で脂肪燃焼を促進してくれるということです。

 

飲むタイミングは?

コーヒーは、食後や入浴前に1日4杯(150ml×4杯)までを目安に飲むとよいでしょう。

・食後に飲む
コーヒーは食事で摂取した脂肪、体に蓄積された脂肪の両方を燃焼させる効果があります。食後の消化をするタイミングでコーヒーを飲むことで、脂肪の蓄積を防ぎます。

・入浴前に飲む
入浴前は代謝が上がりやすいタイミングですので、入浴の30分前に飲みましょう。
半身浴を20~30分してよく汗をかくことで、より痩せやすくなります。

・運動前に飲む
コーヒーダイエットで1番効果が高い方法は、運動30分前にコーヒーを飲む方法です。コーヒー150mlを1~2杯、運動30分前に飲むことで効率的に脂肪を燃焼することができます。おススメの運動はウォーキング。脂肪燃焼が始まるのは、運動開始から20分後といわれていますので、なるべく20分以上歩く努力をしましょう。「通勤前にコーヒーを飲んで1駅歩く」など、日常生活の中にウォーキングを取り入れると気軽にダイエットが実践できます。ウォーキングをする時間が作れない場合は、自宅でテレビを観ながら踏み台昇降がおススメです。踏み台は雑誌を重ねて作ることができますので、踏み台の昇り降りを20分間続けて、自宅で手軽に脂肪燃焼しましょう。

 

こんなメリットも!

ブラックコーヒーの利点は、何と言っても香りです。コーヒーを飲むとリラックスして気持ちも落ち着くという人は多いでしょう。これはコーヒーに含まれる300種類以上も超える香りの成分が関係しています。アロマとしてコーヒーの香りが販売されていることから分かる通り、気分を落ち着かせるα波が脳から出ることが確認できています。ダイエットは、食事制限や慣れない運動などストレスが溜まる瞬間が多いですよね。そんな時に、気持ちを落ち着けるコーヒーの香りは精神的に楽にしてくれますよ。ブラックコーヒーは脂肪の燃焼を助け、香りでリラックスをもたらしてくれます。ダイエットに中からも外からもアタックしてくれる嬉しい食品なのです。

 

注意点は?

*寝る前6時間以内に飲むと眠れなくなる
朝や日中に飲むと覚醒作用で頭がスッキリするコーヒーですが、その効果が6時間程度続くため、飲むタイミングによっては夜の睡眠の妨げになってしまうことも。寝つきが悪い、熟睡できないなど不眠の原因になります。すると翌日はぼーっとしてしまうためコーヒーをたくさん飲んでしまい、また夜眠れない…という悪循環に。就寝時間から逆算して6時間前からはコーヒーを飲まないようにしましょう。どうしても飲みたい場合はカフェインレス・デカフェインのコーヒーなどをおすすめします。

*胃が荒れやすくなる
「コーヒーは好きだけど、胃が荒れる…」と思っている人は少なくないでしょう。これはコーヒーに含まれるクロロゲン酸の胃酸分泌促進作用によるもの。胃酸が胃の粘膜を刺激するため、胃が荒れると感じてしまうのです。この問題を解消するには、空腹時にコーヒーを飲むのは避けて、食後に飲むようにしましょう。また胃酸を中和して胃の粘膜を保護する働きのある牛乳を混ぜ、カフェオレとして楽しむと胃への刺激を抑えることができますよ。



プロが厳選したコーヒーを毎月お届け【極上コーヒーセレクション】

<まとめ>
コーヒーのダイエット効果、いかがでしたか?同じコーヒーを飲むのでも、どのような働きがあるのか?どんな効果があるのか?を知っているかどうかで、もちろん効果は変わってきます。毎日飲むコーヒーだからこそ、飲むタイミングや飲み方などを少し目的に合わせてアレンジしてみると、ダイエットなどの美容効果も高まって、よりコーヒーが楽しめるのではないでしょうか?しかも気軽にできる方法なことも嬉しいですよね。こういった日常のひとつひとつを少しずつ変えていくだけでも、積み重ねれば大きな変化として自分に返ってくるものだと思います。まずは今日からコーヒータイムで試してみてくださいね!







-ダイエット, 美容

Copyright© 女性のキレイを応援します , 2018 All Rights Reserved.