ダイエット 食事・おやつ

冷やご飯は炭水化物だから太る?驚きのダイエット法が・・・

更新日:




いつでもダイエットのことが頭から離れない、という女性も多いですよね。

それではストレスになりませんか?

せっかくのごはんをおいしく食べたいと思っても、

「カロリーが高いから控えなくちゃ」「炭水化物は太るから…」と思いながら食べていると嫌になってきますよね。

どうせならいつもは控えていたご飯でダイエット効果を狙いませんか?

実はご飯はごはんでも炊き立てのご飯ではなく、冷や

ご飯にして食べるとダイエット効果があるんです。

ご飯のカロリーは?

一般的に女性が食べるお茶碗一杯のご飯のカロリーは160gで269kcalです。

これは運動で消費しようとするとジョギングなら一時間も走らないといけないカロリーです。

もちろん運動しなくても普段の生活の中でも消費できるので

すべてがぜい肉になるわけではありませんが、女性としては見過ごせませんよね。

しかしこれは温かいご飯の場合。

では冷やご飯のカロリーはどうなのでしょうか?

冷やご飯のカロリーは?

温かいご飯を冷やすとある変化が起きます。

それはご飯に含まれるデンプンがレジスタントスターチというデンプンに変化するのです。

レジスタントスターチの特徴はカロリーが低いということです。

通常のデンプンが1g4kcalなのに比べて、レジスタントスターチのカロリーは1g2kcalなのです。

カロリーが半分?

それなら冷やご飯を食べればご飯のカロリーは半分で済むの?!と、喜ばせてしまってごめんなさい。

実は少し違います。

このデンプンの変化はすべてのデンプンに起きるわけではなく、

ご飯のデンプンの約20%のデンプンがレジスタントスターチに変化するのです。

つまり、茶碗一杯160gの内の20%ですから、約30gのご飯のデンプンが半分のカロリーに変化します。

あらかじめ計算したところ、お茶碗一杯で、約1割のカロリーオフになることがわかりました。

温かいご飯と比べて、冷やご飯は1割もカロリーが低いんです!

やった、すごい!と思いましたか?

正直微妙な結果だな~と感じた方、実は私も同感です!

冷やご飯ダイエットって効果あるの?

単純にカロリー計算してみると先程のように微妙な結果でしたね。

ほんの1割くらいのカロリーオフではダイエットにならない、

やっぱりご飯の量は減らさなくちゃ、と思った方もいると思います。

でも、ちょっと待ってください。

冷やご飯を食べるとダイエット効果があるというのは嘘ではないようです。

その理由はレジスタントスターチの性質にありました。

1、エネルギーになりにくい

レジスタントスターチは消化酵素では消化されにくいために、小腸で吸収されにくくなります。

吸収されにくいということはエネルギーになりにくく、そのまま排出されるということですね。

レジスタントスターチを食べた後の血糖値が上がりにくく、低い数値で抑えられたという研究結果もあるくらいなので、これはダイエットをしたい時にはうれしい性質といえますね。

2、腸内環境に良い作用がある

レジスタントスターチは、デンプンなのですが、食物繊維でもあります。

食物繊維は腸内に入ると腸内細菌によって分解発酵して有機酸になります。

有機酸が多い腸内は悪玉菌が増えにくくなることがわかっており、レジスタントスターチを積極的に摂ることは腸内環境を改善することにつながるのです。

女性は便秘気味になることが多いですよね。

便秘は老廃物を体にため込んでしまうのでダイエットの大敵です。

これを解消できるとなると素晴らしい効果といえますね。

3、お腹が空きにくい

レジスタントスターチは消化吸収されにくいとお話しましたが、その分ゆっくり体に残るということになります。

言い換えれば腹持ちがいいということですよね。

普段はつい間食をしてしまう時間にもお腹が空かなくなるなんて、ストレス知らずのダイエットになるのではないでしょうか。

この3つの性質がレジスタントスターチにダイエット効果があるという理由です。

いかがですか?

普段食べている温かいご飯を冷やご飯に変えるだけ

こんなに素晴らしい効果が期待できるんです。

これはぜひ試してみたいですね。

冷やご飯ダイエットのポイントは?

冷やご飯ダイエットを始めるときはポイントを押さえていきましょう。

1、炊いたご飯を一度冷やす

冷やす温度は5度を目安にするので、常温よりも冷蔵庫に入れて冷やしましょう。

それ以上冷やしてもレジスタントスターチが増え続けることはありません。

2、電子レンジを使わない

電子レンジで温めてしまうとレジスタントスターチがなくなってしまいます。

そのため冷たいままが苦手という方は、食べる前に室温に戻してから食べることをおすすめします。

室温であればなくなることはありませんので安心ですね。

3、よく噛んで食べる

温かいご飯と比べて冷やご飯は固くなります。

実際に食べてみるとよく噛まないと飲みこめないと感じる方が多いと思います。

しかしこの「噛む」ということはダイエット効果をアップさせることにもつながります。

それは噛むことで満腹感を感じるから。

私たちが食事を始めてから約20分後に脳の満腹中枢が働き始めます。

大食いの方は概して早食いであることが多いですが、それは満腹中枢が働く前に食べ物をたくさん詰め込んでしまうからといわれています。

またよく噛むことでも満腹中枢を活発にすることができます。

そのため冷やご飯を食べるときにはよく噛んで、満腹感を感じながら食事をすることができるためダイエット効果も上がるというわけです。

冷やご飯以外にもおすすめは?

冷やご飯を食べるだけでこんなにダイエット効果があるなんて驚きです。

しかし普段からご飯はあまり食べない女性もいますよね。

そんな方には他にもおすすめの食品があります。

  • 穀類全般>雑穀や豆類など
  • コーンフレーク
  • パスタ
  • ジャガイモ
  • バナナ

穀類全般ということはもちろんパンも含まれますので、

ご飯よりもパンが多いという方にも安心ですね。

特に全粒粉のパンなどには皮の部分にも多くの栄養がありますのでおすすめです。

注意点としてパスタなどは温めて食べることが多いので、

レジスタントスターチは失われてしまうことが多いです。

そのため冷たい状態で食べられるコーンフレークポテトサラダバナナなどが

食べやすくてレジスタントスターチも残るのでおすすめです。

冷やご飯ダイエットのまとめ

これまで冷やご飯のダイエット効果を見てきましたが、いかがでしたか?

いつも食べていたご飯を冷やすだけでこれほど色々な効果があるとはうれしいですよね。

会社に電子レンジがなくてお弁当を冷たいまま食べていたという方も、むしろ喜んで冷たいまま食べたくなりますよね。

冷やご飯でダイエット、試してみてくださいね。

この記事が良かったと思って頂けたら、ブックマーク、読者登録お願いします(^^♪

「それでも糖質が気になる!」という方には以下のサプリメントをオススメします。

 







-ダイエット, 食事・おやつ

Copyright© 女性のキレイを応援します , 2018 All Rights Reserved.