ダイエット 健康食品 食事・おやつ

低インシュリンダイエットの危険性って??知らない人は要注意!食前に食物繊維を摂取することが大切です

投稿日:2017年5月25日 更新日:




低インシュリンダイエットの危険性って??知らない人は要注意!

ごはんはしっかり食べたい!でも痩せたい!

そんなわがままな女性の気持ちを叶えてくれるダイエット法はないものでしょうか?

一食置き換えダイエットに、○○を食べるだけダイエットなど、食べながら痩せるという方法はたくさんありますが、どれも我慢が必要ですよね。

特に何か一つの食品を食べるだけというダイエットは栄養の偏りも心配になってしまいます。

そんな悩めるダイエッターのみなさんにおすすめしたいのは低インシュリンダイエットです。

すでに名前は知っているという方も多いと思いますが、実際にどんな効果があるものなのかご存知の方は少ないのではないでしょうか?

早速見ていきましょう。

「えん麦のちから」で穀物ゆるダイエットをサポート

低インシュリンダイエットの仕組み

低インシュリンダイエットとは、体の中で分泌されるインシュリンの量を少なく抑えるダイエット方法です。

インシュリンを抑えるということはつまり、食事の後の血糖値を低く抑えるということです。

私たちが食事をすると、胃腸で消化吸収が始まりますが、この時糖も分解され血液と一緒に体中に運ばれていき、エネルギーとして使われます。

この糖を分解するために分泌されるのがインシュリンというホルモンになります。

糖は体にとって大事なエネルギー源ですから、吸収されること自体は悪くありません。

しかし食事の時に糖が一気に入ってしまうとインシュリンが過剰に分泌されて糖を吸収しようと働きます。

この時インシュリンはエネルギーとして使いきれなかった糖をどうすると思いますか?

後でエネルギーとして使うために脂肪として蓄えておくんです。

使いきれないなら捨ててしまったらいいのに…なんて思いますが、インシュリンもがんばって働いているので無下にはできませんね。

そこを意識的にコントロールする方法が低インシュリンダイエットです。

糖を脂肪に変えないためにはインシュリンの過剰分泌を避けなくてはなりません。

食事の時の糖を少なくするか、急激に糖を取り入れない状況であればインシュリンは過剰になりませんから、脂肪が蓄えられる心配はなくなります。

つまりダイエットになるということなのです。

「えん麦のちから」で穀物ゆるダイエットをサポート

低インシュリンダイエットのやり方

具体的に低インシュリンダイエットのやり方を見ていきましょう。

まずは糖の少ない食品をチェックします。

食品の糖が多いか少ないかというのはGI値を見るとわかります。

GI値が高いと糖が多く、GI値が低いと糖が少ないということです。

よく食べる食品を置き換えるときの目安になります。

・GI値が高い食品

穀物 野菜 果物 おやつ
白米 ジャガイモ パイナップル アイスクリーム
食パン ニンジン バナナ ショートケーキ
クロワッサン カボチャ スイカ ドーナツ
うどん
パスタ

・GI値が低い食品

穀物 野菜 果物 おやつ
玄米 サツマイモ オレンジ プリン
全粒粉パン トマト リンゴ ゼリー
ライ麦パン ほうれん草 イチゴ ブラックチョコレート
全粒粉パスタ キュウリ キウイ チョコケーキ
中華そば 葉物野菜全般
日本蕎麦

この他にもGI値が低い食品としては肉、魚全般牛乳やヨーグルトチーズがあります。

おやつにうれしいナッツ類もGI値は低いです。

飲み物はココアやコーヒー、紅茶はGI値が低いので安心ですが、砂糖を入れると高くなってしまうのでブラックストレートがいいですね。

アルコール類は全般的にGI値が低いのでお付き合いをやめなくていいという点では普段の生活にも取り入れやすいですね。

他にもこんな注意点が…


低インシュリンダイエットは食品を置き換えるだけではありません。

インシュリンの過剰分泌をコントロールすることが第一の目的ですから、食べ方にも注意が必要です。

言い換えれば、食品を選べない場合でもインシュリンをコントロールする方法があるということです。

外食やお付き合いでどうしても周りと同じものを食べなくてはいけない場合、こちらを覚えておくと安心ですね。

1、食事の前に食物繊維を食べる

食物繊維は消化に時間がかかる分、糖の吸収も抑えてくれます。

ゆっくり消化されるとそれだけインシュリンも緩やかに分泌されるので、食事の前に食物繊維をとっておくことが大切です。

2、よく噛む食品を選ぶ

噛まないで飲みこむような食事は消化が早く、インシュリンが早く分泌されます。

病気の時に煮込んだおかゆやリンゴのすりおろしなどを食べると消化がよくて早く回復しますよね。

噛まない料理はそれだけ消化が早く、吸収率が高くなるのです。

糖の吸収を抑えるためにはよく噛まないといけないものを選んで、ゆっくりと吸収されるようにコントロールしましょう。

例えば食前にナッツを食べたり、野菜スティックを食べるなどすると食物繊維もあるので吸収が緩やかになります。

また広くてフワフワのパンや白米はすぐに飲みこんでしまいますが、玄米やライ麦パンはよく噛むようになりますよね。

噛むことを意識すると自然とGI値の低い食品を選ぶことができます。

3、間食に気をつける


食事で気をつけてもおやつや間食で油断してはダイエット効果が低くなってしまいます。

間食にもGI値の低いものを選びましょう。

先ほどの食品の中でもおやつがありましたが、プリンやゼリーなど意外と普通に食べているものでもGI値が低いものはありますよね。

全く食べられないわけではないので、ストレスも少なくなるのではないでしょうか。

また、GI値の低いチョコレートのケーキを全粒粉で作ったり、オレンジを中に入れたゼリーを作って冷蔵庫に入れておくなどすると、GI値の低いマイおやつになりますね。

低インシュリンダイエットのまとめ

おいしい食事を我慢しなくてもダイエットになるというのは女性の夢ですよね。

低インシュリンダイエットならお腹が空いたという感覚はかなり少ないので、続けやすいのではないでしょうか?

もちろん油断して食べすぎる恐れはありますが、できる女性なら自分でインシュリンをコントロールすることも簡単ですよね。

これからは低GI値で食事を選んでダイエットしましょう。

ちなみに牛乳や豆乳、飲むヨーグルトなどの飲み物に混ぜるだけで食物繊維が摂取できる「えん麦」もオススメです。

お腹の中に長時間とどまり満腹感が持続するのでダイエットのサポートに最適です♪









-ダイエット, 健康食品, 食事・おやつ

Copyright© 女性のキレイを応援します , 2018 All Rights Reserved.