ダイエット 半身浴・便秘 美容 運動・筋トレ・体幹

お風呂で脂肪を燃焼しよう!高温反復浴の効果的なやり方とは?

投稿日:2018年1月29日 更新日:




寒い季節は、なかなか汗をかくことが少なくなってきますよね。みなさん、毎日お風呂にはしっかり浸かっていますか?この季節だからこそ、汗をかく絶好のチャンスである入浴はとても大切になってきます。そこで今回は、入浴時間で脂肪を燃焼することができるとされている「高温反復浴」について、ご紹介していきます!

高温反復浴とは?

高温反復浴とは、42~43度の熱いお風呂に短時間に入ったり出たりを繰り返して行う入浴法です。体力を使うために疲労もしてしまう入浴法ですが、1回の入浴で消費カロリーが300~400kcal程度になると言われています。運動を1時間して消費するカロリーの目安は自転車に乗る200kcal、ウォーキング260kcal、ジョギング400kcalですから高温反復浴の効果の高いことがわかります。

高温反復浴の効果は?

*脂肪燃焼効果

高温反復浴の一番の効果は脂肪燃焼効果です。熱めのお風呂に入ると血行が良くなります。血液がスムーズに流れると、代謝もアップしてくるので、脂肪燃焼しやすくなります。湯船に入ったり出たりを繰り返すので、通常の入浴法よりも血管が活発に働くので、代謝がアップするのです。また、体温が上昇すると、脂肪燃焼を促す褐色脂肪細胞の働きが活性化するため、さらに脂肪が燃えやすくなります。

*デトックス効果

お風呂に入ると汗をかきますよね。高温反復入浴法には、普通にお風呂に入るよりも高い発汗作用があります。汗をたくさんかくことによって、体内の水分量が減るだけでなく、いらなくなった老廃物や毒素を体の外に排出してくれるので、痩せやすい体を手にいれることができます。

*むくみ改善効果

入浴すると、体にお湯の水圧がかかります。体に水圧がかかることによって、体がマッサージされているのと同じような状態になり、痩せやすい体を得ることができます。さらに気になるむくみを解消することができます。また、心臓にも水圧がかかっているため、負荷がかかり、心肺機能を高めてくれるので、代謝がさらに上がると言われています。

*疲労回復効果

お風呂に浸かると、体に水圧がかかります。体に水圧がかかると、体がマッサージされているのと同じ状態となり、疲労成分である乳酸の排出を促してくれるため、疲れを取ることができます。また、水中では、体が受ける体重は普段の1/10と言われています。お風呂の浮力によって、体がリラックスし、体の緊張をほぐしてあげると、心までリラックスする効果があると言われています。

 

高温反復浴のやり方は?

(1)お風呂に熱めのお湯(40度~43度)をはりましょう。
(2)湯船にゆっくりと肩までお湯に浸かり、5分間リラックスしてください。
(3)5分間お湯に浸かったら、湯船から出て5分間休憩しましょう。
(4)次に、再度湯船に浸かります。今度は3分間ゆっくり入りましょう。
(5)3分浸かったら、また5分間湯船から出ます。
(6)再度熱いお湯に入り、3分間ゆっくりしてください。

このように、3分間熱いお湯に浸かり、5分間出るというのを繰り返すのが高温反復浴です。

高温反復浴の注意点は?

*水分補給をしっかりと摂る

たくさん汗をかきますので入浴前にも水分補給をしましょう。お風呂場に持ち込んでもOKです。お風呂から上がって、しばらくは身体が芯から温まっていて発汗作用が続きます。そのため、入浴後の水分補給も忘れずにしましょう。

*激しい空腹時と、食後は避けること

高温反復浴をすることによって、消化能力が低下します。これは、血液が身体の表面に集まり、胃への血流が滞るためです。高温反復浴のメリットでもある胃腸の働きを鈍くする効果も、場合によってはマイナスになってしまいます。軽い空腹時にはおすすめですが、極度の空腹時は避け、食後は30分以上経ってから入浴してくださいね。

*貧血の人、妊婦さんは控えましょう

高温反復法は、カロリー消費の上乗せだけではなく、血流とリンパの流れを改善することで代謝の上昇も期待できるもの。つまり、血管へのダメージが心配されるため、貧血や高血圧の方、血中の水分量が通常の倍になる妊婦さんなどは注意が必要です。行う前には、必ず医師に相談してください。

*多くても1日2回までの入浴にすること

高温反復浴はカロリーをかなり消費する分、体への負担がとても大きいです。そのため高温のお湯に入ったり出たりと反復し過ぎると、体調が悪くなる場合もあり注意が必要となります。効果があるとついうれしくて何回も行いたいところですが、高温反復浴は1日に2回までとしてください。6時間以上は空けるようにという報告もあります。

さらに効果的に高温反復浴をおこなうには?

さらに高温反復浴を効果を高めるには、「バスソルト」を使用することをおすすめします。バスソルトは様々な成分が含まれているものが多く、ただ入浴するよりもより効果を高めてくれます。中でもおすすめなのが、大人気のイルコルポシリーズ「ミネラルバスパウダー」です。



このミネラルバスパウダーは宮古島の「雪塩」と「海藻エキス」をたっぷり配合した入浴剤です。雪塩には沖縄県宮古島で採れるサンゴのミネラルが豊富に含まれていて、そのミネラルの含有量はなんと世界一!しかも、ギネスに認定されているお塩でもあるのです。また、ミネラルバスパウダーを入れたお風呂での発汗作用はなんと通常の入浴時の約3倍だそう。お風呂に入っているだけで、必須ミネラル群が基礎代謝の燃焼をサポートしてくれます。ダイエット目的の方には本当に嬉しい効果を発揮してくれる入浴剤なのです。

 

ミネラルバスパウダーの成分は?

*硫酸Na

温泉の代表的な成分の一つで優れた保温効果・保湿効果が期待できます。安全性が高く、あかぎれやあせもなどの肌トラブルの修復に役立ちます。

*チオ硫酸Na

水道水に含まれたカルキを除去するための成分。皮膚細胞の損傷を防ぎます。

*海塩

ミネラルを多く含んだ天然塩で、美肌・美白などと言った高い美容効果が期待でき、殺菌作用や抗菌作用もあるため、ニキビやかゆみなどといった炎症にも良いとされています。

※このイルコルポミネラルパウダーには沖縄宮古島の「雪塩」と呼ばれるギネスにも認定されたミネラルたっぷりの海塩が含まれています。

*褐藻エキス

海の中にあるぬめり状の物質で、皮膚の再生作用や保湿作用があるため潤いのある滑らかな肌にしてくれます。

*スクワラン

高い保湿力を持っているので、お風呂上がりの乾燥しやすい肌を守る働きがあります。

*パパイン

果物のパパイヤから中質される成分で、洗浄力があり、古い角質や毛穴汚れを洗い落とし、肌を白く見せる効果が期待できます。

*デキストリン

トウモロコシのデンプンが原料で、食品や飲料にも含まれています。

*ユーカリ葉油

ニキビケアの商品に多く使用されるほど抗菌作用が優れています。ほかにも香り・血行促進・収斂・防腐剤としても活用されています、

*銅クロロフィリンNa

植物の持つ天然の色素として用いられています。医薬品や食品でもメジャーな身体に優しい着色料です。

 

ミネラルバスパウダーの口コミは?

じっくりお湯に浸ることで1回の入浴で1.5キロは落ちるんですよ。最初のうちは入浴後、水分が抜けて減ってるのかな?って思ったけど、翌日も1.5キロ減ってる状態が保ててるし身体の中もすっきりしてるし、身体も軽くなってるから太った分すぐに元に戻すことができるのが「ミネラルバスパウダー」

どんなに食べてもすぐに脂肪になるわけじゃないけどそのままにしておけば体重増加になってしまう。大事なのは食べすぎたその日か次の日に整えること。私は食べすぎたその日に「ミネラルバスパウダー」で入浴して体重増加をなかったことにしてもらってます。ダイエットと身体を温める入浴剤。間違いなく私はこれが1番あってます。

 

高級感を感じるバスパウダーで、好きなんです。じっくり浸かっていると、お肌がトゥルントゥルン。香りが強すぎず、リラックス効果があってすっきりするんです。今の季節は、なかなか大量に汗をかかないので、代謝が悪くなって、血液の循環も悪くなってしまい、結果腰や肩の痛みが出てきてしまうので、たまにでもこうして全身を温めて、しっかり血行を良くするのも、必要だなって思っています。

 

汗の出方がはんぱないです。お風呂から出た後、体が軽くなったようなそんな感覚になります。後、体がぽかぽかと心から暖まります冬にもってこいの商品ですね。もちろんシーズン問わず、夏なども汗をかいてお風呂から出た後は爽快な感じですなので、この商品は何回もりぴしています。

 

<まとめ>

いかがでしたか?お風呂に入ることは、リラックスしたいときだけでなく、脂肪燃焼効果を発揮したいときにもおすすめです。また、その際はバスソルトがとても重要。ダイエットが目的の際は、高温反復浴をしながらぜひ「ミネラルバスパウダー」も一緒に使用してみてくださいね。寒い今の時期は特におすすめです!







-ダイエット, 半身浴・便秘, 美容, 運動・筋トレ・体幹

Copyright© 女性のキレイを応援します , 2018 All Rights Reserved.